成幸の手引き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP PAGE ↩️

 

 

 

  成功の手引き

 

  まずは成功するために何をしたいのか!? ってことからですね。

  どうでしょう!?あなたはやりたいことはありますでしょうか!?

 

 やはり

  最初に選んだ方が良い条件として、

  好きなことをする って言うのがあります。

 

  さらに言えば、情熱を捧げられる何かを仕事にしている人の方が、

  やりたくないことを仕事にしている人より、成功率が上がります。

 

 

  なので

  嫌なことや興味のないことを仕事にするのは正直生きている時間を惜しいものにしますし、

  仕事がもたらす自分の成長の伸びしろも少なければ、仕事自体の伸びしろも少なくなりますよね。

 

  やりたいことがない人や、別に成功とか興味ないし~、と言う方は

 

  無理に興味のあるものを探し出して、

  ビジネスを確立させようとしなくても良いと思います。

 

  そう言う方には 心を成長させて喜ばれる存在になることで、導かれる道へ 行って欲しいと思います。

 

  まあ、でも適性診断法もあるので一度やってみてもらっても面白いかな!?と思います。ので、

 では今から興味のある方はやってみましょう。 

 

  ここでは趣味も含めて、

 

 ・ 好きなこと

 

 ・ やりたいこと

 

 ・ できること     を3つ以上書いてみてほしいと思います。

 

  5分くらいやってみてもらえたらと思います。 では一旦停止ボタンを押して、書けたら再開して下さい。 

 

 

  では、書けましたら、

 

  次に

 

 ・ やりたくないこと

 

 ・ できないこと

 

   を書けるだけ書いてほしいと思います。 では一旦停止ボタンを押して、書けたら再開して下さい。 

   書けましたか!?

 

   優先順位や、それの持つ疲労度等の兼ね合い等色々な要素を考えてみてほしいと思います。

 

   その中から自分に合ったものが見えてくると思います。

 

   できる限り楽しめそうなもの、想像してワクワクするとかあると最高なのですが、

  まあ、だいたいでいいので、

  

  何を したいのか!?

 

  が見えて来たら、

  次に、

  それは 何で したいのか!?

 

  と考えることで、自己の中に動機を確立させます。

 

 

  できれば、エゴを超えた利他的な理由づけを持ちたいところになります。

 

  それが行動軸の一つの芯になります。

 

  では次に どうやって を考えます。

  

  ここではできないことなどありません

  何でもできる と考えて進みます。  

 

  どうやったらできるでしょうか!?

 

  最終的に持つビジョンから逆算して考えても良いと思いますし、

  もしわからなかったら、モデリングして、

  誰かを理想像に重ねて、その人が成功に至った経緯なんかを知るとヒントになりますね。

  

 

  そして最後に自分の理想のイメージを明確に精細にします。

 

  そうなった気分や感情を味わいます。

 

 

  こうすることで、意識がそちらに働きやすくなったり、

  その現実を連れて来やすくなります。

 

 

 

 ではここからは 

 

  こうなりたい が見えて来たとか、

 

  これがやりたくて とか、

  これをやった方が良いって心の声が聞こえる 

  と言う方に成功のステップをお話ししたいと思います。

 

 

  第一に

  とりあえずやる。今すぐ行動を起こす。 と言うことがファーストステップになりますね。

 

  まあ、やらない人の群れの中の話ですが、この時点で上位10%に入れるんですね。 

 

  本当にデータ上はやらない人が9割ということで、トライすらしないということですね。

 

  9割の人が何らかの理由でもって動けないでいる と言うことですので、

  とりあえずやりましょう。

 

 

  そのための時間作りから、心の中の言い訳を徹底的に排除することから、

  その仕事に打ち込む為の環境を作り、仕事を習慣化できるようにしましょう。

 

 

  習慣が人を作ります。 

 

  これらも仕事の一部になりますね。

  一つ一つ見えて来たものをシンプル化したり、可視化していきましょう。

 

  そして捉えたテーマは一つ一つクリアしていきます。

 どうしてもテーマがクリアできない場合は、

 

 ・ まずはありのままを受け入れて、

 

 ・ 常に最善の方法を模索すること

  

 ・ 最短最速を目指すこと

 

 ・ 少ない力で多くのものを得られる方法を考えたり、

 

 ・ ものの見方を変える方法をとったり、

 

 ・ 柔らかく考えたり、

 

 ・ 逆転の発想はないか!?と考えたり、

 

 ・ シンプルに考えて、鍵となるものを見つけたり、

  

 ・ 子供のように大胆かつシンプルに 型にはまらないものを考えたり、

 

 ・ 課題も流動的側面を持ち、変化するものなので、適応できているかも確認しつつ。

 

 ・ 時には人に頼ったり、人を雇ったり、

 

 ・ 決してあきらめないこと

 

 

  で、進んでいきたいと思います。

 

  何か課題に当たったら、

  what why how

 

  何が 課題なんだ!? なんで課題なんだ!? どうすればもっと良くなるだろう!? と考えながら進みます。

 

 

 

  失敗や行き詰まりは 必ず起こるものなので、

  それは進化の途中にあると 考えをネガティブに向けないこと。

 

  不安については飲まれちゃいけないので、出来るだけ氣付いたら瞬時に消すこと。

  知っておきたい失敗に関する概念としては

  たとえ失敗してもどうにでもなるということ。

 

  成功と失敗はセット。

 

  失敗してやめたら本当に失敗だけど、成功するまでやるから問題ない。

 

  一つ失敗したら一つ成功に近づいている。

 

  考えることを放棄する=元の世界へ逆戻り

  

  という感じで、失敗は失敗と捉えず  

  その方法ではなかった、またはこれで一歩成功に近づいた

  と考えながら進みましょう。

 

 

  僕が、

  インドに行った時、インド人が皆口を揃えて言っていた言葉で 

  サプクチュミレガ という言葉があります。

 

 

  これはなんでもできる。 everything is possible と言う

  スーパーポジティブワードになりますので、

  この言葉も忘れずに覚えて進んでいって欲しいと思います。

  

 

  基本的に何をやるにしても、 

  行動 課題 行動 課題  の連続になると思います。

 

  この連続の先にゴールがあるので、

  ある程度のゴールも設定したり、確認しておきたいところになります。。

  

  やはり、

 

  行動ばかりが習慣化されて、余暇や家族との時を楽しむことを忘れてしまっては

  労働とお金の奴隷になってしまいますから。

 

  真の成功者にはなってはいかないかな~と思います。

  

  

  あとは、ビジネスシーンにおいてはやはり

  コミュニケーションが鍵となるシーンも増えてくるかと思いますので、

  コミュニケーションについても軽く基本的な事をお話ししてみたいと思います。

 

 

  まず、取引先と

  連絡を取る時にはTPOや相手の性格にもよりますが、

  メールより電話の方が、エネルギーが大きいということもありますね。

  

 

  そして、お会いする際の服装は

  似合っていたり、清潔な身なりであること を心がけたいと思います。

 

  で、お会いする人が初対面でしたら、

  ポジティブな言葉をかける意識で接し、前向きな気分になって貰い

  ファンになって貰うことを意識しつつ接します。

 

  会話においての姿は、

  相手の時間を大切に扱うためにも、話は短く簡潔にシンプルに数字なんかも使いながら、

  わからないことはストレートに教えを請うスタンスで、

 

  ・ オープンハートであること

 

  ・ 時にユーモアを交え、楽しみを共有すること

 

  ・ 困りごとを 他人の話題などで話をふり、

 

  ・ それが身近なものであること と 自分に関係があることだと氣付かせて

 

  ・ 最後にソリューション 解決する商品の紹介 と言った感じで、

 

  先に相手のニーズをリサーチしておいたり、会話の中で掴んでいきながら、

  商品から逆算した会話を成立させていくという方法があったりしますので、

  必要に応じてやってみると良いかもしれません。

 

  また、ここで本当に売りたいのは

  商品ではなく、自分であり、人柄を好いて貰い 

  信用を得ることの方が大事だということも忘れずにいたいことになります。

 

 

   では、

 

   次のシーン、

   営業会話では、

 

   相手になりきることで、

   相手の持っている問題や悩み、解決したいことを知り、

 

   相手になりきることで、

   一緒に解決方法を探し、その中で、良いビジョンを見せてあげられるように

   まあその中に自分の商品があれば良い という風に務めると良いということですね。

 

  売るスタンスで接するのではなく、あくまで問題解決を共にする

  味方になる というか、 同じ気持ちになって物事を考えていきたいところです。

 

  もう一度言っておきますが、欲しいのは結果もですが、信用が第一ですね。

 

 

 

  まあだいたいコミュニケーションは基本的にこの様な感じで、

 

 

  終わらせて貰いまして、

 

 

 次は

  あなたのもつべき人格についてになります。

  

  あなたの成功者に抱く人格像とはどのようなものでしょう!?

 

  まあ、動画では聞くことができないので、

  ここでは僕の勝手なイメージを話させて貰いますとすると、

 

  まあ、

 

  人格・価値観・立ち振る舞い・人と接する時の態度・

  色々な要素が成功者には必要だと思います。

 

  まず始めに

  人生を変えると決意していること、

  人生に何を望むか明確にしている、

 

  その夢を見る資格があるし、実現させる力が自分にあると信じている だろうし、

  どんなときもポジティブであることを心がけたいですし、

 

  素直さと正直さ、勇気と覚悟、愛と感謝・思いやり等の核になる要素が一定以上のレベルであること。だったり

 

  基本的に人生を楽しんでいる。

 

  時に子供の様に無邪気な姿を見せたり、。

 

  無駄なプライドは持っていない。

 

  良く、コップ半分の水なんかで例えられる話ですが、半分もある、半分しかない

  両方の考えを併せ持ち、最善手を選ぶスタンス。

 

  ネガティブを遠ざける。(TVや新聞を見ない、ネガティブな人と接さない)

 

  教わる気持ち、学ぶ気持ち、成長する気持ち、尊敬を忘れないで人と接している。

 

  自分を成功者とみなしている、

 

  課題に際し、決してあきらめない 成功実現を考えることをやめない

 

  課題は必ず乗り越えられると自分の能力を信じていること、

 

  お金に対しての価値観を、多くの人に喜ばれることで、対価を得られる。

  ポジティブなものとして受け止めている。

  

  服装は人に不快感を与えない、清潔感を保つ。清々しい。

 

  人として好感を持ってもらえる感じがある。 

 

  健康を保つ 気を配っている。

 

  毎日を最大限に情熱を持って生きている。

 

  ゆっくりと深く呼吸している。

 

  人の感情に明るい。人の気持ちを無下にしない人格をもってたり。

 

  偶然に任せない。人の機微を知っていて、停滞したシーンを切り開く力がある。

 

  所作において、颯爽としている。

 

  明朗快活とかね、、。

 

  常識から自由である考え方を持っていること。

 

 

  まあたくさんあげましたが、

 

  完璧な人を目指す必要は無く、完璧な自分になる 完璧に自分が持つ理想に近づく様に心がけていく。

 

  とか、まあ、そう言った感じでしょうか。

   

 

 

  そしてもう一つ欲を言えば、

 

  成功より功の字を幸せに変えた、成幸者を目指したい というのが、真の成功者ということですね。

 

 

  ここまで色々とお話ししましたが、

 

  最終的には人との繋がりを大切にする人こそが生き残れる というルールを知り、

  たった一人でも他人を蹴落としては、その先に明るい世界は待ってないと心に刻みつつ、

  苦手な人でも避けるのをやめて、関心を寄せ続けることで、心を通わせていきたいとこになります。

 

  苦手な人攻略についてはここでは話が長くなるので割愛させていただきますが、

  

 

  まあ、

 

  成功とは自分一人のためではなく、家族やコミュニティだったり、

 

 

 ガンジー曰く 

 

  万人の福利を願うことが

  自らの福利につながる。

 

  自分や自分の所属する小社会のみの

  福利を願う人は利己的であって、

 

  そうすることは、

  けっしてその人のためにはならない。

 

 

 ということなので、基本的にその様な心の持ち主になっていきたいというのと、

 

 そして、やっぱり基本中の基本 松下 幸之助さん の言葉で

  成功の秘訣? それは、成功するまでやることだ。  

 

  という言葉を持って今回の成功の手引きのお話は終わりたいと思います。

  

 最後までご視聴いただきありがとうございます。

 

 

 

 

TOP PAGE ↩️