日常の生活において

不安と希望とは交互に訪れます。

 

しかし、不安の状態、

特に不安に負けている状態だと、

心身に支障を来したり、

 

なんだか良い事無いです。

 

なので、今回は

不安を乗り越える方法をリサーチしてみたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

人類最大の敵!? = 不安

 

 

人類最大の敵は不安かもしれませんね。

 

 

僕も勝手に想像する思考の中で、

必死にもがいていたりします。

 

でも、それって全くもって

本当は必要の無い時間

 

思考の無駄遣いだと気づき

気づく事ができたなら

サッと手放す様にしますね。

 

 

じゃないと、

 

こころが不安な状態であることで、

精神面から病み、

そのうち身体までもが病んでいきます。

 

 

確かに不安であるが故、今できる事をする。と、

ポジティブな力に変えられる人もいます。

 

 

が、

 

日常の感情は不安に囚われ易く

そうでない人の方が多いですよね。

 

なのでここでは

不安を分解する事で

良く知り 打ち消していく方法を模索しましょう。

 

 

 

不安とは

 

 

究極を言っちゃえば

自己の中にしか存在しません。

勝手に自己が生み出している思考に

希望を持てない状態、自分の思考を恐れている状態

それらを不安の状態と言えると思います。

 

安心できず。の状態ですね。

 

そんな状態下に

精神を置き続ける事の不毛さも知っておくべきですよね。

 

とは言っても、

・老後がこの先不安で、、、

・試験に合格できるかどうか、、、

・人間関係が苦手で、、、、

・死ぬのが恐くて、、、、

 

と、色んな不安にこころを囚われる事がありますが、

心の中で勝手に生み出しているものに過ぎない。

と、さらに何度でも自覚しましょう

 

どうしても駄目なら

あなたが考えるあなたの不安を克服する解決法を見つけるのも良いでしょう。

 

 

 

解決例

 

例えば、

僕の場合ですが、

 

 

小学4年の時に、

従兄弟達と川に泳ぎにいって、足が滑って流され始めて

溺れて死にかけました。

 

おじさんが助けに来てくれなかったら

死んでました。

 

その後、足のつかない水のある場所が恐くて、

ボーッと見てたりしました。

 

水が恐くて、プールの授業とか嫌だ。

と、不安になってました。

 

 

が、その次の夏

「泳げない事は時に死につながる」と思い、

プールに一人で通い始めました。

 

 

足がつくなら恐くないと自分に言い聞かせ、

着水してる状態に馴れる事 に成功し、

それが成功すると、水の中でリラックスして居られる様になり、

 

次に足を離す事  バタバタさせる事で、浮く事を始めて、

そのうち手も上から下に動作すると、浮くのが楽になり

それが斜めに働くとチョットづつ進む。という経験を積み

平泳ぎっぽくなって、

 

その時点でもう足つかないから恐い

とか無くなりました。

 

次に、適当にやってたら犬かきを覚えました。

もうその頃は水の中余裕なので、

落ち着いて物事を見たり感じられる様になり、

 

周りを見ると、

僕より小さい子供でも達者に泳いでいたので

じゃあできるはずだ!と、それの真似を始めました。

 

最初は泳げませんが、

段々真似が上手くなってくると、

 

息継ぎ無しでも3m、6mと、泳げる様になり、

終いには20m以上泳げる様になりました。

 

その後、息継ぎも

見よう見まねでチョットづつできる様になり、

その夏が終わる頃、

 

 

僕はクロールも平泳ぎも、背泳ぎもマスターし、

得意になって変顔してイカ泳ぎとか開発してましたw。

 

 

これらの事から思うに

 

不安解消法とは

 

不安に思うシチュエーションに

わざと身を置き、良く感じる事で現状分析し、

馴れて、リラックスしてって流れができると

 

そのステージの情報分析ができて、

そうすると次の有効打が見えてきて、あとは実践あるのみ!と

経験値を増やすと不安は克服され易いかと思います。

 

もしくは、先にイメージをして感覚を手にしておく

という事も時に有効だと思います。

 

人間慣れ の生き物ですからね。

馴れてたら何だって上手く運べますよね。

 

 

ここでも例えばなのですが、

初めてのドアを開けるときはこうやってすれば良いのだな

と、感覚を手にしながら行動すると思います。

 

しかし、一度二度開けたドアなら

もう、無意識下でスルーしちゃうと思います。

 

この様に潜在意識に擦り込まれた内容は

次回から意識せずとも自動化されています。

 

潜在意識に擦り込んでおくという作業は

最高に役に立つと言えるでしょう。

 

 

 

で、あと、

 

不安を擦り込まれない為に

 

 

日常的に擦り込まれる不安ほど、

不必要極まりないものはありません。

 

 

例えばテレビの情報や新聞、雑誌は

人間を不安な状態にして、そこから希望や解決策を装って、

全体を意図する方向にもっていく。

 

という事が、

茶番な政治や世論操作で良く見受けられます、

エネルギーエリート達の人類操作法ですね。

 

要らん不安をまき散らされているのが現状ですので、

その手の不安とはまず、縁を切るのが良いでしょう。

 

テレビ見ない。新聞見ない。不必要な不安を遠ざけましょう。

 

 

私達の潜在意識は

 

知らないうちに要らない情報も拾い集めて脳に擦り込み

且つ、

いつも考えている事を磁石の様に引き寄せますので、

 

不必要なネガティブ情報に触れない様にしましょう。

 

 

上手く不安と付き合えるように成れれば

あなたの成功体験はさらに加速します。

 

より良い経験値が増え

より豊かなマインドへと成長します。

 

 

実は不安は成長の糧なのですね。