という事でですよ!

 

元気出していきましょう!!

 

 

あ絶好調~!♫ 絶好調~!♩ ボクもあなたも絶好調~!♩♬

 

 

        (中畑かッッ!!!)

 

     (清かっっ!!!)

 

 

                    (違わい!!!

 

 

 

古いから解るかな~???

 

 

 

いや、意外に読者さんもオールドヒューマンかも知れなかったりしてw。

 

という事でですね~、、w。

 

 

暇なんで、すべらない話でもイキますか~!!! w。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・・・・。。。

 

 

 

 

アレはね高校生の頃ですよ。

 

髪やらヒゲやらいじり始めて、猛烈に外見からも異性にアピールし始めてた頃ですよw

 

WE CALL IT 思春期 ってやつですね。。

 

 

暇を抱えた僕と友達(T)はその友達の部屋でだべってました。

レコード聞いてまったりしながら、くだらない話をしてた頃ですね。

 

 

 

玄関がガチャっ!

 

 

M 「 あ!?キワちゃん帰って来た! 」

 

 

K 「 ただいま~~ ♩ ♫ 」

 

 

と友達の母ちゃん(キワちゃん)が帰ってきたんですね。

 

 

 

で、「 おかえりなさい♩♫」    

 

 

 で、

 

5分10分した頃ですか、、、。

 

 

K「 ちょっとTあんた洗濯もん出しときなさいって言ってるでしょう!!」

 

 

T「 解ったから、こっちくんなつーのー!」

 

 

と、

部屋に来るのを嫌がる息子をほっといて、

 

 

なんだか話したくてムズムズしてるみたいでした。

 

 

 

K 「 Tちょっとあんた! あんたの部屋掃除してたら

 

    ビデオが変なとこから出てきたじゃないの~!? 」

 

T 「 勝手に掃除すんなよ!! つかもういいから出てけって!!!」

!!!!!ーーーーーーお!始まった!ーーーーーー!!!!!
  

 ( ここの親子の口喧嘩を僕は内心楽しんでいたw♫。 )

 

 

 

K「 ちょっとあんたあれなんなのよ~!!!

   あんなとこにあるからおっかしいな〜と思って、

   お母さん見たらなにあれ制服の女の子がでてきちゃったじゃない!?

 

   なんでか解んないけどみてたら

   脱ぎ始めちゃったじゃない、、、!?。 」

 

 

T 「 もういいから!!! 出てけつってんだろう!!!! 止めろって!!

 

    おめぇ何勝手に見てんだよ!!! ざけんなよっっ!!!!        」

 

 

ーーーーーとまらないキワちゃんーーーーー

 

K 「 掃除してたら変なとこにあるんだからしょうがないじゃない!!

 

    お母さん見ちゃうわよ!! ねー もう本当ヤダあ~ あんなの見て~!!

 

 

T 「 もうやめろって! 解ったから出てけっ!つってんだろう!! 」

 

 

K 「 マコト君も ああいうの見るの~ 本当やーよねー!!         」

 

M 「 あ、まあ、・・・ ・ ・ ・・ 。 」
   (内心同意を求めないで~!! こっちに振るな~と思いつつ、、、。)

 

 

T 「 いいから出てけつってんだろーがあー!!!

        勝手に入ってくんじゃねぇー!!     」

 

 

K 「 もう本当嫌~よね~この子~! なんなの~ あんなの見て嬉しい訳~???

    ね~ あんな制服の短いスカートの・・ ・ きっもちわるい、、、

 

    あんたあんなの見て嬉しいわけぇ~??? も わっかんないわ~!!

 

 

    マコト君は見ないわよね~  あんなの~~~???    」

 

 

 

 

M 「 あ あぁ ・・ T『 マコトに借りたんだよ!!! 』 

————チぃ~~~~~ン!!!———-

             終了~~~~~!!!!

 

               カァンカァンかぁンカァ~ン!!!

 

 

 

 

はあ~ なんだったんだろう あの日は

 

AV貸した事が最大限の効果でもって

 

僕に恥ずかしさと化した時だったのか、、、、。

 

 

 

 

僕は「 お前それ言わないだろ!

             って気持ちと、

 

 

キワちゃんにそのビデオの持ち主である事が

              バレた事とで、

 

 

人生で感じた事の無い、変な気持ちのダブルパンチを

一瞬で喰らったのだったw。

 

 

 

ちなみに

その後、

 

キワちゃんは

 

「 あ ぁ ・ ・あ・・。。。

 

 

  あぁらもう そうだったのお!!!

  やあ〜ねえ ふたりともお〜〜!!! 」

 

と言って、部屋を出てった。

 

 

さすがにね、、

 

僕は学習しましたよ。

 

 

鶴と亀は恩返しするけど、

AVは恩返ししてくれないと。。