不思議体験記 その4

 

っちゅー事で、不思議体験記その4ですか・・・。

 

 

あれは~、僕が馬鹿としては王者の座に君臨し、

そして阿呆としても一人前のレベルに達し始めた頃の事でした。

 

 

このとき、僕はバックパッカーをやってまして、

タイのカオサン通りという安宿の集まる通りに居ました。

 

世界中のバックパッカーも集まるエリアですね。

 

カオサンから一本裏通りに行くと、

怪しい安宿やご飯屋さんがひしめいていて、

その中でも 安いけど、シングルルームがとれる宿に居ました。

 

その頃、半年居たんですけど、途中変な時期がありました。

 

 

夜中に猫達が猛烈に縄張り争いのケンカをしてたんですね。

 

あの猫の威嚇のときの声って凄い気持ち悪いじゃないですか!?

 

 ぁあ”あ””ぅうぅ””

 

なんて唸り合って威嚇し合ってるんですよね。

 

で、

4、5回というか、4、5夜そんな夜を通り過ぎると、

ちょっとは聞き慣れて来て、

あ~!? またやってる~、、。みたいになってたんですけど、

 

 

その日は、その猫の声にまぎれて、

さらに数オクターブ異次元に気持ち悪い声

が聞こえて来たんですね。

 

で、まー僕はというと、

部屋で根っころがってパソコン見てたんですけど、気づくと近いんですよね。

 

 

僕の泊まっていた部屋は2階にあって、

となりは、2m無いくらいの隣りに建物があるんですけど、

その間にはブロックの塀があったんですよね。

 

 

狭いし、その塀も高いので、

猫くらいしか通れないし、通らないくらいの狭さなんですけど、

 

なんだかさっきの猫より

さらに気持ち悪い声が近づいて来てたんですよね。

 

おっかし~な~!!! 

 エ”ぇ??? 何の声だろう~~!!!?

 

もうすぐそこに感じるもんだから、

気になるし、見てみよう。となりまして、

 

クルクルクル♩♬

 

回してあける、磨りガラスをクルクルクルっと回し始めたんですよね。

 

そしたらね!? 目が合っちゃったんですね。

その距離1~1、5mくらいでしょうか???

 

( ↑ イメージですが、もっと普通におっさんの顔してました。)

あれ!!? 顔でかい!!! 

なんてもんじゃなく妖怪じゃん!!! ってなりまして、

 

その姿形は、

顔は真っ黒で ライオンみたいに大きい顔で、

でも人間のおっさんの顔なんですよね。

 

で、

ネコ科の体をしてて、色は黒く

大きさは中型犬くらいで

そのブロックの塀の上を、、

 

超気持ち悪い声出しながら散歩中だったんですね。

 

多分ですけど、

目が合った瞬間はお互い

 

「 ヤベっ 変なもん見たっ!」

「 アレっ コイツ俺見てる!!? 」

 

みたいになったと思うんですけど、

僕も馬鹿だから

目見てそらさねーぞ!!!とか思ってずっと見てたんですよね。

 

で十数秒くらいたったら、急に

目に中の何かに 危険なものを感じて、

後ろのベッドにジャンプしました。 回避成功!

 

メッチャ恐かったですね。

大きな悲しみの世界に引きずり込まれるんじゃないかと思いました。

 

これが、10代の時体験した金縛りからのスタートだったら

まだ気楽なんですけど平常時の起きている状態、

ドノーマル状態で、あの様なものっていうか妖怪を見ちゃったもんだから

 

その後10日程、僕のビビリ具合ったら無かったですねw。

 

あんなのいるんですね~?????

 

と、言われてもにわかに信じられないでしょうからあれですけど、

僕はこの自分の目が確実に捉えてしまった事もあり、仕方なく

見たと言う実経験にしております。

 

 

エニウェイ!

 信じるか信じないかは あ な た し だ い です!!!

 

 

 

最後に

 

あとあと、今の体験をmixi日記で書いてみたら、

友達が「 それ鵺だよ! 」って教えてくれたんですよね。

 

で、Wikiってみると、歴史上に何度か姿を現しているじゃないですか!?

 

 

でも、僕の見た鵺とは少し違うんですよね。

 

顔はおっさんだったし、全身真っ黒でしたし、

唸り声は猫の唸り声の感じに近いけど、

ヴァイブレーションが何オクターブも気持ち悪い感じでした。

 

あ〜も〜 あんな恐いのは見たくないですねw。

 

 

不思議体験記シリーズ、

良かったら併せてお楽しみ下さい。

 

 不思議体験記 1 → 幽霊現る

 不思議体験記 2 → 幽体離脱編

 不思議体験記 3 → vs 赤い手

 不思議体験記 5 → リアルにファンタジー体験♩