スポンサーリンク

郵便配達

 

嗚呼 懐かしや~。。

という事でね待望の第4弾。

 

郵便局の年末年始スタッフですね。

これは謝らずにスタートできますw

 

 

え~、年賀はがきの配達スタッフでしたね。

 

この時期だけめちゃくちゃハガキの量が増えるみたいで、

学生の休みをお金で買い取ろうという、国民総ロボット化計画の一端ですねw

 

このバイト

時給は900円かそこらじゃなかったかな、、。

当時の高校生にしては良かったんですよね。

 

 

 

仕事の内容は

 

だいたい何丁目のどこからどこまで

っていうのを社員さんに決められ、

その地区のハガキをまずは仕分けしますね。

 

 

大量のハガキを渡されて、

 

こんな感じに

ハガキをエリアごとに

まずは分けていきます。

 

ひたすら忍者が手裏剣を投げるかの如く

パっ パッ  パッ  パパッっ! パッ

と、淡々と振り分けをこなしていきます。

 

 

結構 束がね~ あるんですよね~、、。

それを振り分けて振り分けてって延々やりまして、、、

3時間くらいやってた気がします。

 

僕の任されたエリアは団地が多かったので、

その振り分けたあとに一棟づつ、

あとあと配りやすい様にセットするんですよね。、

 

セットしたら、

その束を落とさない様に、配りやすい様に、

自転車のかごに入れて、

 

 

いざしゅっぱあ~っつ!

 

ってな感じですかね。。

 

あれ、どこかで見た風景ですね!?

って、新聞配達の経験からでしたね、。

 

僕はもう自転車グラつかせないで、

自信を持って配ってやりましたよ!

 

しかも、郵便配達は階段登らなくて良いから楽〜♩!!!でしたね。

新聞配達に比べたら、配達の分野は楽でした。

 

ただ、僕の場合は内勤の忍者作業が結構かったるかったですね。

若い時って1時間がめっちゃ長く感じるじゃないですか!?

 

しかもここで間違うと、あとで配り直しの恐れが出ますから

結構慎重にやらないとあとあと面倒ですからね、、。

 

配り終える前に

あれ!結構前の棟のヤツじゃん!!

げ〜 マジか〜、、、。 ってなったりしますw

 

そのミスさえしなきゃどうって事無いですね。

 

でもって、

外勤はとても気分が良かったですね。

 

解放~!!って感じで。

 

で、無事配り終えると、

時給なものだったんで、

17時くらいまで、時間潰して局へ向かい、

 

自転車返して挨拶して終了ですね。

 

雨さえ降んなきゃ楽なもんでしたね。

 

 

 

最後に

 

良い点

 気使わない。 気が楽。 体力要らない。

 

ツライ点

 内勤は立ちっぱで、且つ正確さが求められます。

 ちこっと精神にくるかも!?

 

感想

 

特に辛い事が無いのが、逆につまらないかな。

そこが面白さに直結する要素だったりするし、、

 

ま~

気は楽だし、日数も決まってるし、階段登らなくて良いし、

雨の日も新聞に比べれば楽なもんだし、良いんじゃないかな!?

って思います。

 

高校はどうせ冬休みだし、ゲームしたり、

暇を弄んだりして過ごすよりはマシでしょうw

ひょっとすると、近所のあの子もきているかもしれませんw。

 

内勤のかったるい感に耐えられそうなら、あとはそんなにツライ事無いし、。

体力あって、考えるのがめんどくさい人にはお薦めでしょうw

 

 

お仕事体験記3 → レストラン編

 

お仕事体験記5 → ホテル皿洗い