スポンサーリンク

ハンバーガー屋さん

 

う~ん懐かし~♡

僕の思い出のバイト先でもとてもラブなバイト先ですね。

 

 

家から近いからという理由で始めたハンバーガー屋さん。

今でも大好きなモスバーガーですね。

 

そこはめっちゃ人懐っこい良い店長と、

社員でド短気のムカつくヤツと、他の高校のバイト君と、近所の主婦さんと

元同じ中学校の友達と、先輩がまたかっこいい人(以下Tさん)が居て、

とても楽しかったのを覚えています。

 

 

 

まー 仕事内容としましては

 

職場に着くとまず着替えて、社訓を音読します。

 

そしたら手洗ってキッチン入って

 

焦がしたり、揚げすぎない様に、

パティ(肉)を焼いたり、バンズ(パン)を焼いたり

ポテトやチキンを揚げたりって感じでした。

 

難しい事は無いのですが、、、、

 

土日の忙しい時はオーダー入りまくりますんで、

なにせ一人馬鹿な社員が和を乱すんですね。

 

オーダーが混んでくると、じきにイライラし始め

ゴミ箱蹴り飛ばしたり、

誰かに当たったりと、バッドバイブス全快で、

 

お客さんが近くにいるのにも関わらず、

偉そうな態度でした。

 

その感じが嫌でしょうがなくて辞めたのですが、

3ヶ月程はなんとかいました。

 

 

あと〜、時給はメチャクチャ安いのですが、

その問題社員以外は良い人だったので

僕にとって初めての好きなバイト先になってました。

 

 

何と言ってもモスバーガー激ウマですしね。

僕はフィッシュバーガーが好物で、

モスに行ったら3個食べたりするほど好きです。

 

 

 

夜のスタッフ Tさん

 

そこは何と言っても、

夜のスタッフにカッコイイ兄ちゃん(以下Tさん)がいたんですね。

 

その頃の僕はギターを持ちたてで、

ギター弾くのがちょっと好きになってた頃でした。

 

で、そのナイトスタッフのお兄さんも

実はバンドやっててギターもメチャクチャうまかったんですね。

 

 

教えてもらいたいです。

って感じで良くしてもらって、

それでいろんなところに連れてってもらったりして楽しかったです。

 

Tさんの周辺に集まる地元のおもろい面々達との交流なんかが、

僕の思春期のゴールデンメモリーになってますね。

 

 

Tさんはまー超ドSで、ほぼ夜勤でのみ仕事してて、

僕があった当時は26歳で大学生4年。

 

「 4回留学してるからあとが無い 」 とか、

当時の僕にはよく解らない事を言ってて

 

同時に 

「 俺はぜってー プロになるからよ。。 」

って言ってて、この人 凄ぇーカッコいいな!っておもってました。

 

 

東金にあったビートルズの老舗のライブハウスで週1でライブしてて、

そこに連れてった貰ったり、

 

そのライブハウスで仲良くなった外人達と一緒に

西麻布のイエロー行ったり、六本木のハードロックカフェとか

遊びに連れてってもらったり、

 

深夜に県下一の進学校の体育館に忍び込んでみんなでバスケやったり、

 

バイト仲間でボーリング大会やカラオケ大会、

 

街外れの野外ステージで野外ライブ(僕も一人ピンクレディで初参戦)したり、

ハンバーガー屋でも月1恒例のアコースティックライブを開催してたりして

色々な世界を教えてもらえたハッピーな時期でした。

 

 

ある時、渋谷のレコ屋にカセット置かせてもらいに行くの

付き合わせてもらったときがあって、

 

帰り際、渋谷の駅前の雑踏の中  Tさんが

 

 

「なんで売れてねぇんだろう。。」

って言ったんですね。

 

僕は

Tさん 日本語で歌ったらすぐに売れるんじゃないの?」

        (Tさんは主に英語の歌しか歌わない)

 

Tさん

「俺はな日本で売れても嬉しくないんだよ。」

と、言ってたのを今でも思い出します。

 

 

 

いつも店では

BGMは例外無くTさんがBEATLES をかけていて

それも思春期を彩りますね。

 

 

そして僕はいつもTさんスペシャルのハンバーガーを

食べさせてもらいに行くのが小遣いの使い道第一位でした。

 

そこでは良く来る近所のお姉さん達にからかわれたり、

隣の中学校の元めっちゃヤンキーの先輩と交流したりとか、

Tさんつながりのバンドマンの先輩達と楽しい時を過ごしたり、

 

仲良くしてたハズの先輩達がケンカしたり、

真冬にバーガー屋のトイレで、友達の強制断髪式(坊主)して、

そのまま掃除もロクにせずでてったりw、

 

親がいない僕の家に来てみんなで

AV鑑賞会したりw、

 

玉に外人が来たら「 おい! お前行って話しかけて来い!」

って男女関係なくナンパさせられたり、でも大抵ノリだけで喋れない僕は

そうそうにバトンタッチして、Tさんは日本出た事無いのに英語ペラペラだったり。

 

バーガー屋のライブでは自作の初体験ソングを歌ったり。。

 

 

戻れるならもう一度! の世界ですね。

 

 

仕事はまあまあで、その地域の人達との交流

Tさんの世界感を共有させてもらえた事が、

後の僕の人生に大きな影響を与えましたね。

 

 

夢もって生きなきゃ人生って楽しくないんじゃないのかなって、

初めてそう思った時でした。

 

 

まー大した夢が無いなら、おおよそ一般的な人生を終えた方が

歳食ってから後悔しないだろうけど、、。

 

 

いつ思い出してみてもとても色鮮やかに蘇る思い出があそこにありました。

 

 

 

最後に

 

良い点

 

 ロスと言って間違って作ったバーガーを食べてよかったりします。

 どこもそうだけど働いてる面子次第で楽しいです。

 仕事は簡単です。

 

ツライ点

 

 馬鹿な人がいると和が乱れる。

 時給が最低賃金で攻めて来ました

 

感想

あまり時給に執着が無く、楽しく和気あいあい(店に寄るだろうけど)で

美味しいバーガー好きな人にはお薦めですねw

 

素敵な空間に素敵な仲間が居るもんですね♩♫

 

 

そしてこれはこの10年後くらいでしょうか!?

この時のお兄さんは本当にプロミュージシャンとして有名になり、

アルバムをオリコンチャート3位にのせてました。

 

やはり英語で売れてましたw

 

 

お仕事体験記5 → ホテル皿洗い

 

お仕事体験記7 → パン工場でバイト