本屋さん♡

良いですよね~!

僕は本が大好きなのでもっと居たかった~w

この本屋さんはゲーセンとカラオケ屋が合体した感じのものでした。

なので、本屋とゲーセンのバイト両方を体験させていただいたのですが、、、

 

・・・・ ・ ・ ・ ・ 。

 

 

ま〜今回は本屋で働いた時のお話になります

 

 

 

スポンサーリンク

本屋で働く

 

今回は

何の気なしに面接行って受かって始まったんですけど、

僕みたいなのにはいきなりレジはさせられないのか、、 、

 

最初の日から終始、

売れてる本をチェックして、本を補給する。

歪んでる本を直す。それだけ、、。といった感じでしたね。

 

国道沿いにあって店自体も大きいし、感じの良い本屋だったので

サボっててもバレないっていうか、怒られないっていう感じでした。

 

その先に罰が待っていたのですが、、、、。

 

 

で、

その本屋さんは本当にもうメチャクチャで、

それこそ、入ったばかりの時に、

「 こないだ辞めた人は本を一棚分持って帰った。」

 

なんて社員の人が言ってて、、

「 ヘェ?そんなことあるの? 」 って感じでしたね。

 

どうも僕が入る前に辞めた人は

一棚分の漫画をパクって持って帰ってたのがバレたみたいで、

事件になってましたね。

 

ちょっとどころじゃなく頭が悪い人ですよね。

一棚丸々無くなってたらそれは確実に目につく異常で、

防犯カメラで誰だってチェックしますよねw

 

 

 

それなのに、僕が入った時も、教えてくれてる社員のリーダーは

「 雑誌1冊くらいなら持って帰っても良いよ! 」

って感じでしたw。

 

 

「 えー! いんですか!? ありがとうございます! 」

って感じで、結構 サーフィン雑誌を頂きました。

 

 

( 当時の僕は罪の意識が無かった愚か者だったので・・・、

 

 読んでくれている人の中には気分を害される方もいるでしょうが

 今の僕も書いてて本当恥ずかしいし、

 本当に過去の自分にムカつくし、なのですが、。

 

 今となっては仕方が無い。。

 

 確かにあの頃は罪とか悪とか考える事がなかったし

 こころが感じる事 がとても傲慢なエゴの方へ歪められていたのでした。

 意識のとても低い生き方をしていました。

 

 すみませんが、許せる人は読み進めて下さい。

 もちろん今は因果を昔に比べ遥かにより強く気にして生きています。

 

 今は全ては繋がってるものであるということを知り、

 全ては自分という神が見ている。そう思ってます。)

 

 

で、

話をバイトに戻しまして、

いや戻りきらずに変なとこに行っちゃいますけど、

ココでのバイト中は僕にとって、なんとも悲しい事がありました。

 

駐車場の掃除中、

友達が車でやってきたと思ったら僕の彼女が助手席にいたって言う、、

 

「 What? 」  ・  ・  ・  。

 

そういやあ、

珍しく午前中に家に来て、すぐ出てった!?と思ったのですが、

そして普段しない化粧もしてたし、そそくさしてたし、、???だったのですね。

 

その子のことが、正直めちゃ好きだったので、

結婚したいとまで言った事がありました。

 

とてもショックを受けたのを覚えてます。。。

 

その後も彼女は僕を好きでいてくれたみたいだけど、

僕はもう彼女の何を信じて良いのか解らなくなってしまいましたね。

女はわからん!

 

悲しみの本屋、、。 セピアン カラー ブック ショップ・・・。

 

えっと〜全然関係ないことばっかり書いちゃったけど、

仕事は大好きな本に囲まれて幸せだったです。

 

新刊の雑誌に漫画、読み放題!

いやいやwじゃなくてま〜触れられるだけでも

幸せでしたね〜。

 

 

やっぱり、新刊=新情報 だし、

人の努力と叡智とインスピレーションの結晶だし、

興味のあること学びまくれますからね。。

 

本屋。。。

 

素晴らしい。。。

 

仕事内容も重いものを持つこともありませんし、

本の補充や管理だけでしたから楽でしたね。

 

 

 

最後に

 

良い点

 大好きな本に囲まれて仕事できます。

 色んなジャンルの色んな本が押し寄せてきますw

 

ツライ点

 ・・・・・・・・・・・・・・。

 

感想

最新の本がドンドン押し寄せてきますからねv

嬉しー楽しー幸せー ですね!

 

まーお薦め度は本が好きで接客好きなら天国でしょう。

 

迷ってる暇は無いと思います。 すぐにバイトしましょう。

本ってヤツは侮れないですよ。 本当。

本に当たるって書いて本当ですよ。

 

今あなたが欲しい情報や潜在意識下で考えてる内容も

タイトル見て目次を見たらソリューションかどうか 一瞬で判断できますから、

 

なにかに詰まってる感があるなら

足を運ぶときっとヒントがありますよね!

むしろ仕事にしちゃうなんて、、、w