筆者もうつ病にかかりました。

 

あの時のことを書くのは結構辛かったりするんですが、

誰かの参考になるならと思い書いてみます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

何故うつ病になったのか!?

 

 

僕が鬱になったのは

アジアに旅行に出て、帰ってきた時のことでした。

 

 

アジアに行く前は、バイトをしてお金を貯めて、

どんな旅をしよう!?と期待に胸を膨らませていました。

 

そして、アジア旅行。

 

 

自分に羽が付いているかのように

自由気まま、どこへ行き・何を見る・誰と楽しむ・お金の不安は一切ない

したい経験を積み込んでいき、全てが自由に包まれていました。

 

 

触れ合う人々は明るく奔放。

貧困だと言われている国々でも、屈託のない笑顔で一緒に笑う。

 

そんな環境から一転、

当時、大津波が襲った後のスリランカに行き、

狂った現実の中、一月ほど過ごし、そして帰国しました。

 

 

帰ってきたはいいけど、

次にしたいことがないな〜!?

 

何したいかな〜!?と考えるうちに、

どうして、あんなにアジアの人たちは楽しそうに生きていたんだろう?

どうして日本にいるとこんなにも気分が落ちるんだろう?

 

 

一度、自由という翼を伸ばしきった僕には

今後 現実が押し寄せてくるのが嫌でしょうがなかったのでしょう。

 

だんだんと、情報を処理しきれなくなり、

寝たきりになっていきました。

 

今思うと、あの状態は

未来に希望を持てない状態。

そう思います。

 

2ヶ月間くらい、

葛藤を繰り返しました。

 

このままじゃダメだ。

 

親が良くしてくれるのも全部うざったく感じ、

全ての関わりや情報をシャットアウトしていきました。

 

このままじゃダメだ。

 

何かをする気力など微塵もなく、

話すことすらダルい。

干渉されると怒りが出てくる。

 

このままじゃダメだ。

 

常につきまとう頭の中のモヤっとした感覚。

重さ。

辛い日々でした。

 

このままじゃダメだ。

ちょっとでも変わらなければ!

 

 

 

なにをして治した?

 

 

そこで僕は、

インドのアシュラムで習ったYOGAを思い出しながら

ちょっとずつ、一つずつやり始めました。

体を動かす気力のない状態ですが、

1mmでも動かすことが大事だ。

そう言い聞かせ動かし始めました。

 

そして、一月ほどした頃でしょうか!?

僕の頭の中のモヤっとした感覚は3、4割ほど取れていました。

 

次は一歩でいいから外を歩こう。

そうして、ちょっとづつ外出することも始めました。

昨日よりは一歩でも多く歩く。

 

それを繰り返すうちに

だんだんと元の感覚に戻っていきました。

 

 

 

まとめ

 

 

うつ病になると、

頭にドンと重く暗いものが乗っかった様な感じになり、

全てにおいてNOが優先しますね。

 

そうなると、思考・感情がSTOPなので、伴う行動も一切ないですし、

悪循環の中、さらに悪い方向へ向かっていき

解っていても止められませんでした。

 

 

なので、ここは現実逆置換法とでもいいましょうか!?

 

うつ病の人がやらない様な現実 行動を起こすことで、

一気に解決へと向かいます。

 

気分じゃないし、やりたくないけど、

 

 

ちょっとでもYOGAをしたり、

YOGAがわからない場合はちょっとでもストレッチする。

それだけでも良いですし、

 

一歩でもウォーキングするかジョギングしたり、

ご飯を山盛り3杯食べたり、精のつくものを食べたり、

という行動を起こすことで解放へと向かいます。

 

 

ただ、

どう考えても心の病なので、

心の中で

 

「 本当に治したい! 」

 

この意識のベクトルが

不安要素に打ち勝たないと、

体は動きはしません。

 

「 本当に治したい心 」 

これを加速させるまでは、

心の整理がつくまでは、休める環境なら休んでいるのもいいと思います。

 

 

抗うつ剤について

 

長期に渡るケミカル投与はしない方が良いです。

 

薬で治ったと感じても

リアルの自分が鬱を克服できるほどに強くなったわけではないですし、

心や魂の成長に繋がりはしません。

 

ドーピングの結果は、

化学物質で脳に影響を及ぼし、躁の状態を続けることになります。

作られた感情のコントロールの難しさを思い知ることになるかもしれません。

 

ので、もし使うのだったら

短期的にというより、

数回程度にしておいて

 

その数回のうちに

現実に行動を起こして慣らしておく

これが最も効果的な使い方だと思います。

 

依存状態にならない様に気をつけたいところです。

違う悪循環のループに入っていきます。

 

 

 

最後に

 

その状態を続けたいなら続ければ良いですし、

その状態を辞めたいならやめれば良いですね。

 

多少キツイこと言いますが、

結局その状態では

結局何一つ前に進みませんから、

 

進まないことをやっているに過ぎない

ってことを理解した上で一歩で良いから歩きにましょう!

 

自分が閉じてしまった世界の中に

気づきづらいかもだけど、小さな光があるはずです。

希望に会いにいきましょう。