TOP PAGE ↩️

 

 

不安との上手な付き合い方

 

 

不安とは何かに心を奪われている状態で、

それに対してネガティブな意識の状態と言えます

 

人は意識している事が全てです

 

自分はですが、ネガティブよりポジティブな方が好きです

 

なので、ネガティブな意識の働きである

不安をポジティブに変えられたら

最も良い道であると思います

 

不安は誰の心にも訪れますし、

ピンチを感じる危機察知能力なので

むしろ働いてくれないと困ります

 

のっけから、きつい言い方かもしれませんが

不安は本能なのでなくなりませんし、

 

不安に囚われていられるほど

時間を余らせている

やる事がない状態と言えます

 

不安に感じたら

今、自分は行動が足りていない

と捉えてやるべき事をやるのが最善かと思います

 

 

・やることがなくただ漠然とした不安を抱えていると言う方も

自分が不安であると言うことは確認されていると思うので、

 

そんな時は例えば

漠然と抱えてる対象に対して

それがなんなのかしっかりと課題を直視して

囚われているものの正体をしっかりと見つめます

 

お金、夢、希望、健康、未来の予定に対して、

しっかりと見つめます

 

そうしたら

何が!? 何で!? どうして!? 不安なのか!?

と言った感じで

 

WHAT WHY HOW の順に分解し、

それぞれどのポイントに不安を抱いているのか見つめます

 

その課題の解決法を一つ一つ考えて

最終的に不安を打ち消す成功のイメージを持ちます

 

持てなければ、さらに課題を小さく小さくしていって

一つ一つ、要素を分解し、それに対する成功イメージを持ちます

 

誰の人生でもきっと同じだと思うのですが、

大抵の場合、時が経ってみると

 

あれ!?なんか不安に思ってた時期があったな!?

と言った感じのことばかりで、

不安に捉えてきた99パーセント以上が

 

過ぎてみれば

その囚われていた時間の無駄さ加減や

波動値下げてた事の勿体無さに氣づきます

 

 

例えば、

もし、

あなたが自分の欠点を不安に思っていたとしたら

 

それを違う言葉で置き換えます

欠点などと言うものは存在せず、

これは個性なのだ!と置き換えます

 

そうすると、それは

特色に変わり、その欠点があったからこそ

花開く才能も出てきます

 

自分の欠点をどうしてもネガティブに捉えてしまうと言う方は

一度欠点を洗いざらいノートに書き出してみましょう

 

そうしたらそのあと、

だったら  こうすれば良いじゃん! と丸で人の相談に乗っている様に

軽い氣持ちでまずは解決策を見出して、

 

それでも不安に思う欠点があるなら

それに対しては、

だから○○する

 

例えば自分でしたら

何か物音が2、3回あって目覚めてしまうと

眠れなくなることがあるのですが

 

その場合はもう眠れないから起きる

と割り切ったり

 

その際も何かの物音の原因に対して

ネガティブな感情を引きずりやすかったりするのですが

今囚われるべき意識の状態はこれじゃない

 

だから集中できることをする

 

と言った感じで

だから○○することでポジティブな方向へ向かいます

 

 

そしてまた

 

 

例えばもし、

 

・あなたが対人関係で悩み不安に思っていたなら

嫌われても自分であり続けなければ

どうせ長くて良好な関係は築けませんし、

 

全員に好かれるなんて100%ありません

 

人は良いとこ惡いとこ両方あります

自分らしく素直にやってれば良いと思います

 

その自分を良く見せようとか

必要以上に大きく見せようとかってエゴですし、

長くなればなるほど綻びが出て崩壊の方向へ向かいます

 

そうは言っても君ぃー!

仕事の関係上、仕事モードにならざるを得ないのだよ

 

と言う人も仕事だから仕方がないと捉える前に

自分の中の価値観を最初に見つめておいた方が良いかと思います

 

・仕事=なんなのか!?

お金のためなのか、その先にある家族の生活ためなのか、

結局そう言ったものを失いたくない自分のためなのか、

 

その辺を考えつつ

本質を見たら結局今はほとんどの人が仕事=お金

 

お金のために

自分の時間エネルギー、行動エネルギー、知識エネルギーを

交換している場であるので

 

お金のために

自分らしさを失うことをしているのかも と言った感じで

この辺の天秤を一度しっかり考えてみると良いと思います

 

その結果仕方がないのなら仕方がないのですから

自分らしく素直にいないことを選んでいるのもあなた自身の選択ですから

それを受け止めるしかないと言うことになります

 

できれば仕方がない なんて事はないな!

という風に自分を運んでいける様に

 

自分らしく素直にあることができる様に

 

どこかしらのネガティブ要素を

ポジティブに受け止め

根底をポジティブなものにして

 

対人関係もポジティブに運んでいってほしいな~と

そう思います

 

あと無理して背伸びし過ぎている様な人も

自分にないものは求めないでも良いのかと思います

 

あくまでらしさ、あなたらしさを大切にしてほしいと思います

 

岡本太郎さんの言葉で

他人が笑おうが笑うまいがあなたはあなたの歌を歌えば良いんだよ

 

と言う言葉があります

また

 

野鳥なんか見てても

自分の声を精一杯出していて

ちょっと歌がずれているなって感じても

 

それはそれで良かったりします

 

こういった感じで不安は飲み込まれたり

飲み込まれない様に解決すると言うよりもやはり

危機察知能力なので

 

不安に思うことがたくさんあったり

大きな不安を抱えたとしても

 

私の危機察知能力優れてるな~といった感じで

客観視からの自己肯定をして

 

客観的に不安に囚われている暇がある

イコール時間余らせているんだな~自分として受け止め

 

自己肯定からのポジティブパワーで

やるべき事をやりましょう!

 

自分の人生の目的の方向への活動をしましょう!

 

やることに集中していたら

不安なんて襲ってきません

 

 

こんな感じで

不安と上手に付き合って

ネガティブな要素をポジティブなものへ

 

不安を行動のモチベーションに変えていって貰えたらと思います

と言う感じで、

今回の動画は以上で終わりたいと思います

 

TOP PAGE ↩️