TOP PAGE ↩️

 

今回の動画は

 

これまでに

私達全ての人間の間でも平等に等しい存在である、という事をどこかの動画でやったのですが、

 

今回は動物も植物、自然も同じ様にこの世界を創っている存在であるということを

お話ししてみたいと思います

 

まず私達は刷り込まれ損なったが多少の影響をもたらした一神教の影響や

物質的価値観、信条、弱肉強食の世界観からエゴである様に誘導され

 

世の中、自分の外の世界を観る時に

その様な価値観を導入して物事を見てしまいます

 

これは間違いであり、

多くの人がそう信じこまされているのが現状だと思います

 

過去の自分もそうでした。

まあ今はそうでないといった口ぶりですが

正直にエゴから脱却するのはやはり全体的にじゃないと難しいですよね

 

また今回も意識の高い人の良い例として

過去の日本人を持ち出すのですが、

 

やはり意識レベルが高く、

良い悟りの中で生きていた人々だと捉える事ができるからこそになります

 

 

過去にはあったが、現在は無くなっていく

大切な価値観、価値基準をもう一度

と言う事で進めていきたいと思います

 

昔の我々のご先祖様は

八百万の神を信仰していました

 

簡単にいうと

目に見えるもの、見えないものも全てが神である

そういった価値基準・思想の様なものです

 

この思想がもたらす

副産物としては

 

自己を利己的にせず、

他者への尊敬を欠くことをせず、

 

他者を理解し、平等に扱うことにつながり

またその様に扱われるのが当然の風潮になりますので

 

 

会話をしなくても

ある一定のレベル以上でストレスの無い世界に生きられますし、

 

その精神性の高い世界が構築されていれば、

不安に駆られての犯す間違った判断や、

植えつけられるネガティブな波動を個人個人が出さないで良い生活というものを送れます

 

 

これは同時に

ポジティブな世界に生きるという事にもなっているので

困った時はお互い様 の言葉が当然だった一昔前の様に

自然と助け合う事にも繋がりますし、

 

家族でない者も家族の様に扱う

皆平等なのだから、皆思い思いの事を口にできるなど

様々な利点を含みます

 

 

僕の生まれた周りの環境なんかは

まだ三十年四十年前までは

まだこの風潮はご近所さん同士で見られてました

 

 

しかし

現在、学校や社会風潮などから人々に刷り込まれていく

 

西洋的な価値観の本質は

エリートが大衆を支配・管理するといったものであり

人がお互いに信じる事のできる世界が待っていないものになっています

 

 

常に不安漬けにして、都合の良い時に誘導しやすい様に

大衆をコントロールしています

 

 

この

人をコントロールする という概念そのものがエゴであり、

我々が現在、間違った支配者の思想下にある事を

氣付かせてくれます

 

今回は自然=私達というテーマなので

何故そういった事が言えるのか!?

 

という事をこれから触れてみたいと思います

 

 

・まずはエゴな目線からの刷り込みの代表格として

 

食物連鎖の頂点に我々は存在している というものがありますが

 

これは動物の命の重さや人の根底にあるべき道徳観というものを

全くもってすっ飛ばしたものの考え方であり

 

4つ足を食べるという文化は白人や狩猟民族のもので

元々日本にはこの文化はありませんでしたし

 

その食べ物をいただく際に感謝を持たない、祈りを捧げないという事自体が

自分の心をなくしていくという行為に繋がっています

 

 

なので一部の感謝の心を持つ人々や部族、昔の日本人、あと今も受け継いでいる人 以外の人間は

精神性の低い、霊性の低い、大切なものがなんなのか!?という考えさえよぎらない

そういった本当に愚かな存在であると思えますし、大半を占めているのでは!?と思います

 

 

これは西洋的な思想、心のあり方で

大いなる神の前に懺悔すれば全ての罪は清められる という

ある意味心を救う事につながっていますが、

 

大半の日常の 今 においては

全くもって道徳観を見失って生きていても

あとで懺悔すれば許されるよ といった感じで

自分の心からネガティブな波動を生み出す事を都合良く容認しているともとれます

 

日本人がクリスチャンに改宗した場合は

元々の日本的価値観である

お天道様が見てる とか

 

八百万の神々という概念も備わっていたりするので

良いところだけ取り入れて、進化する といった感じで

とても日本人らしい意識の進化をしていくと思いますが、

 

 

元々、生まれてた無の状態から

クリスチャンの選択肢一択だった場合は

 

先に述べた様な感じで 惡の想念の創出容認を内包しており

敬虔な と言われるレベルくらいまで信仰心を持たないと

自己の精神性を高みに運んでいないのでは!?と思います

 

 

誤解しないで欲しいのですが、

別にキリスト教が惡いとは言いません

 

むしろ愛を説いて、愛の実践を進めるならウェルカムな教えだと思います

 

ただ現在のキリスト教はイエズス会をピラミッドのトップにしており

 

イエズス会はエリートたちのコントロールする機関であり

歴史的にも 布教するという目的の為には手段を選ばない

という団体であることを理解しておく事は最低限欲しい知識になるとは思います

 

 

旧漢字に見て取れる様に

昔の日本人は十字架=惡とするかの様に

惡という漢字に想像を持たせる様に 亞の字を描きにくいにも関わらず

 

教えを内包させていたという事実もあります

これは支配層の出先機関アメリカGHQの日本人の精神性破壊、白痴化計画のもとに失われました

こういった事はやはり知っておきたいところになると思います

 

そして話戻って

 

 

 

・食物連鎖

 

食べ物を頂く事

 

特に

4つ足を食べるという行為は

日月神示によると 共食い にあたり

人類創世前の 種においての繋がりを説いているかの様ですし、

 

また悟りの境地に至ったブッダの言葉からも

4つ足喰いはネガティブなものを体内に取り入れる事とされていますので

 

エゴや刷り込まれた価値観から行動するより

こういった真実と悟りを知って行動している方が

自分の波動値を下げなくて済むのでは!?と思います

 

またこれは人においては感謝を持つと言う事で精神性を養いますし

自然界においても動物にとっても

 

生きる事が食べられる為という悲しみの波動の中に存在させない事に繋がりますし

やはりこういった事は知っておいて損ではないと考えます

 

 

それでは次に

GEO目線で物事を見る という事を説明していきます

 

 

GEO目線とはガイア論と同じと考えてくれても良いのですが、

簡単に言うと

地球も地球に住む全ての命は 一つの生命体である と考える事です

 

 

なので

全ての生命は等しくつながっていると考えます

 

私たちの体についても同じで

何が欠けてもお互いに影響をし合う

というルール、環境下にあります

 

 

 

・未来において

 

このまま動植物を尊重しないという思想は

 

エネルギーの流れ方もそうなのですが、

種がシンプル化されていく と言う事に繋がっていますので

これイコール動植物の多様性を無視する形、多少の犠牲は仕方がない

 

といった感じで時代を進行させ、

次の世代にバトンタッチ、世代交代の際に

受け継ぐ資産を減らし続ける姿勢であると言う事が現状だと思います

 

 

エリート達は地球上に人類が増えすぎたから、

建前上は食糧不足だからという風説を流して、

コントロールしやすい様に5億人に維持しよう!

 

といった目標設定がジョージアガイドストーンに掘られてあったりしますが、

地球は本来100億人くらいなら余裕で食物を供給できる自然環境である

 

というのを映画THRAIVEで研究者により説かれておりましたので

やはり支配層はネガティブとエゴからの行動をしていて

 

その世界の住人としてなら存在させてやるという

偏った価値観やエゴが押し付けられているのが見えます

 

不安の中に存在させようとする意図に対して

まさに惡だな、と感じます

 

 

彼らは、私たちこそが人類の親にあたり、神にあたる存在なのだから

人類は私たちに従ってしかるべきだ!といった感じで

地球という惑星自体も我々の私物であるとしていて、

 

現在の地球はそういった者たちの代理人の人類

エネルギー支配層によって

収められているのが現状と受け取れます

 

自分もこういった内容の発信は

少なからず人を不安にさせる内容になっているとも思いますが、

 

やはり、真理、真実などの類も平等に皆が知った上で生きねばならないのでは!?

とも思っておりそういった信条を基に発信しています

 

 

・最後に

 

こういった現状や、未来への不安ばかり嘆くのではなく

これらに対する打開策、未来への希望を抱きたいところですし

 

人々がポジティブで希望の中にある未来を創造したいので

希望を抱き続けられる様な何かを考案してみるとすると

 

自分も良くエゴに囚われて

実践できていないのですが

 

ハート意識で物事を見る

 

ということを実践できる様になると

目の前に起こる現実世界はより良い世界に形を変えていくと思われます

 

 

 

・ハート意識とは

 

心で捉え、心で考え、心で動く

愛や感謝を代表とする波動を出すようにハート意識で生きる

 

あらゆるものをポジティブな方向へ持っていく

 

その様な態度で生きる、その様な力を持った人が増えると

そういった人達が増えて輪っかになれば

その輪っかから出される共鳴されたポジティブな波動も輪となり

 

ネガティブな波動に支配されていく世界においても

何か希望の輪っかの様に光を放つのでは!?と思います

 

 

地球全体が人々や動植物の出す

ポジティブで喜びのエネルギーに包まれていれば

不安にコントロールされる事も減っていくと想像できます

 

ちょっとこれはまあ

量子的な話でもあり

超ミクロな世界の話かもしれませんが

 

 

個人のできる事で

簡単でテージないけど身近で行いやすいものとしては

こう言う事があるかな~!?と思います

 

もちろん、言うは易く行うは難しで

理想論の域をでないのは重々承知なのですが、

 

開けてしまったパンドラの箱から最後に出てきたのが

 

希望

 

であった様に

この世界で希望なくして生きていくのは

正直、喜びの中に存在できていない事と同じだと思います

 

 

理想ですが

GEO目線では

ハートで全てがやり取りされ

物事がポジティブな方向へ進行されていく世界に希望を持っていける様に

 

そしてこれは各個人の

ハート意識への覚醒を持ってしか成立しませんので

 

そういった世界になる様祈りつつ

 

全ての存在、その人生が歓喜の中にあります様に と祈りつつ

 

今回の動画を終わりたいと思います

最後までご視聴いただき

ありがとうございます

 

 

 

TOP PAGE ↩️