バリ、ヌサドゥア B級C級グルメマップ

 

 

(2019年6月中旬 為替レート 円=インドネシアルピアは 100円が1万3千ルピアくらい。)

 

今回は前々からまとめたいと思っていた

僕の好きなバリ島のヌサドゥアエリアにある食堂を紹介したい。

 

美味しい美味しくないは個人の舌のレベルに関わるものなので

僕みたいに各国の大衆食堂でしか食してきていない者には

舌のレベルが肥えていないかもしれない。

 

しかし、ほとんどの食事を外食で済ませる僕でもあるので

その食べてきたものの中で美味しいものには素直に美味しいと声をあげたい

 

そして、別に普通の味でも食べれる物は食べれるし、

食とはその作り手の氣を食べる という事もあるかと、個人的には思っているので

そういった良い氣を持つ作り手のいる「良い人」のお店を紹介したいと思う。

 

 

まずはヌサドゥアの地図を見てみよう

 

ローカルエリアをうっすら塗られた赤、青、黄の順にエリアを3分割して

1番赤

2番青

3番黄

の順に紹介していきたい。

 

 

1番 赤の通り

 

 

1番

 

歯の抜けたムスリムのおばちゃんがやっている

ナシチャンプルーは多分ボラれないけど、たくさん具を乗せてきてその分値段ものせてくるので

その辺は注意が必要。放っておくとだいたい2万5千くらいにして出してくる。

半年経ってようやくそれは収まったw

ナシチャンプルー(1万5千ルピア)とかミークワ(1万ルピア)など、庶民的に楽しめる。

偶に注文を忘れているので注意が必要。隣のクリーニングはちょっと高め。

 

周辺には昭和な感じの物売りも来たりして?

 

 

2番 おっちゃんがバリ人!?おばちゃんが中華系!?

娘と言うか孫娘がナイススタイルで僕的にはヌサドゥア1可愛い感じな至って普通のクオリティの味のお店

 

値段はローカルプライスから行くとちょっと高めだが、向かいの店よりは感じが良いだろう。

 

僕はいつもナシゴレン(2万5千ルピア)とミゴレン(2万ルピア)の2つ食いしていた。

 

 

 

3番 流行っているので入ってみたが、確かに普通のバクソーよりちょっと美味かった氣がする。

ただ、ローカルな値段から行くとちょっと割高に感じた。2万か2万5千した。

ちょっとボラれた匂いもあった。

 

 

2番 青の通り

 

1番 アヤムのナシチャンプルー屋

 

和の家さんの隣の小汚い店で、ハエが多いが、味だけは確かだ。

ちょっと辛いが僕の舌には美味しいと感じる

2人程連れて行ったが、評判は良く、一人は通っていた。

おばちゃんと娘。

娘はモデルさんだ。

 

アヤムメインのナシチャンプルー スープ込みで2万5千ルピア

サテなんかもちょっとココナッツテイストだったりして美味い。

2日か3日に一度は通っていた。

 

 

勿論インドネシア料理に飽きたときは、隣の和の屋さんに行くと、

美味しい焼き魚定食だったり、お刺身も食べれたり、どん物もあったり

何と言ってもたまに無性に飲みたくなる味噌汁も完備してますので超オススメです。

和の屋さんの娘さんもチャンティックでした。

 

 

②番 JFC インドネシア版のKFCだ。

ポテトは量も少なく高いのだが、

たまに鳥カラ食いたい!ってなったとき、ここの唐揚げを食べる。

大きいチキンが1万1000ルピアだ。

 

③番 アヤムゴレンの店

これはイカンゴレン(3万5千ルピア)とテンペ(8千ルピア)。真ん中には先ほどのJFCアヤム

これはアヤムゴレン。1万七千ルピアだ。

この左下のタレの様なものがなかなか美味い。ミントが付いているのも嬉しい。

 

 

 

 

④番 FOOD PARK 内

 

 

入って直ぐ左にあるお店

 

このお店のチャプチャイはそこそこイケる。(2万5千ルピア)

至って普通の野菜炒めなのだが、なかなかそういうのに出会えないのでここでは嬉しい。

また頼めば野菜多めにしてくれるから助かる。

いつも作ってくれる店主はメッチャ良い感じだ。

最近密かに体積が増しているのを危惧している。

 

 

 

このフードパークは入って真ん中、左奥に美味いミゴレン屋があったり、

その隣奥にはボルシチが食べれたりする。

また入って左2軒目はメッチャ良い感じのオーナーのコーヒー屋さんがあり、

その隣にはピザを格安で食べれる店もあり、なかなか使い勝手良いかもしれない。

WIFIもストレスなく無料で使えるのだが、日中のハエの多さが惜しい。

 

 

そして、この一角を出るとそこにあるスーパーPEPITOがある

ここは清潔感あるし、スイーツコーナーが以外に充実している事に驚かされる。

オススメはブルーベリーチーズケーキ(3万ルピア)だ。美味い!

アップルパイ(2万2千ルピア)と、バナナチョコパン(2万ルピア)と、

ブルーベリージャムのドーナッツも美味い。

フルーツはシーズンを迎えた時のマンゴーと、ドラゴンフルーツ、マンゴスチン。

通年でパパイヤは美味い。葡萄も当たれば美味い。メロンはアタリを見分けるのがが難しい。

バナナは意外に高い。

 

また道を挟んだ床屋では必ずボラれるので、もしヘアカットするなら事前に交渉したいとこ。

僕は行く度に「バグゥースヘアーにしてくれ!」と言う。

ちなみにローカルプライスは1万5千ルピアという事だが、

僕は3万ルピア、5万ルピアと行く毎にボラれる額が増えている。w

 

 

3番 黄の通り

 

 

①番 オーナーがVESPA乗りなので、居たら表にVESPAが停まっているハズ。

ナシゴレン(1万5千ルピア)とミゴレン(1万5千ルピア)しか食べていないが、

どちらも安くて美味い。店内は清潔だ。とても流行っている。

アボガドジュースやその他フレッシュジュースも美味しい(いずれも1万ルピア)。

メニューと値段 エスプレッソも飲める。しかも安いし美味い。

オススメはやっぱりアボカドジュースかも。(チョコミックス)

 

オーナーのおっちゃん と 娘 メッチャ良い感じ。

 

店内

店内のVESPA 丸目が可愛い60`sな感じ。

おっちゃんの何台かあるうちの一台 スカイブルーがイカしてるし丸目がやはり可愛い。

 

 

② 黄色と緑の看板のお店

この辺りで一番店の感じが良かったので入ってみたら、続々と客が来た。

また次のタイミングで行った時も、お客さんは多く、それなりに流行っている店だと思う。

メニューも豊富で安い。味はものによるかもしれない。

一度、ナシゴレンイカンを頼んだが、あれは不味かった。ビックリした。(写真左)

ガドガドはこの量なので、結構野菜をしっかり摂れる。(写真右)

 

③ マーケットの中のバクソー屋 向かって一番左

 

ここも時間帯により、大混雑。安いし美味いです。ローカル万歳って感じですね。

僕はアヤムのバクソーを食べました。(1万2千ルピア)

 

 

また外れにある携帯屋さんにはOPPOの看板があり、

そこの兄ちゃんはとても頼りになるので困った時に頼れます。

バリのキアヌって感じですね

 

 

他にも

 

ゲゲールビーチ入って行ったら、海沿いに洒落たレストランがあり、海見ながらご飯食べれるし、中古のサーフボードも置いていたりするので、サーファーにオススメかも。そこのオーナーは年は取ってるけど、超ビッグウェーバーです。ご飯は10万ルピアくらいから。

 

あとは、ヒルトン上がって行った右側にガソリンも売っているムスリムワルンがあり、そこは好きなもん頼むと3万ルピアくらいするけど、ポテトの団子とか、魚フライも常時あるって感じですね。野菜が一種類なのが惜しい。その隣の隣にホテルがあってレストランがあるのですが、そこに日本語話せるスーちゃんなるバリ人が働いてるので、是非、暇な人は会いに行ってやってください。変態エロオヤジです。

 

 

ヌサドゥアB級C級ロードマップ

随時更新中

 

 

これは神々しい光の差し込んだウルワツ。

ヌサドゥアならニッコーだろ!バシっ!って感じで次も宜しくです