今回の動画は日本語に宿る意識エネルギー!?と言う事なのですが

 

前からやりたいと思っていた

旧漢字について

今回も!?ですが

勝手な事言いまくろうと思います!

 

まず、はネットで旧漢字と入れると

すぐに検索ででる 新字と旧字の対照表と言うものがあり

みんなの知識ちょっと便利帳さんから

拝借しながら

 

適当に漢字に反応して 難癖つける じゃなくて

好きな事言って行きたいと思います!

 

では

まず

亞の字

 

と言う字ですね

 

いきなり惡だなんて ちょっと始めたくないんですけど

あ行からだから仕方がないですね

 

この亜の字がむかしは 亞とまあ 書きづらいは書きづらいけど

差し示すものが キリスト教の十字架みたいで

ちゃんと意味が通っていて良いと思いますね

 

キリスト教は この時はイエズス会と言われる悪魔の使い達ですが

秀吉の時代には日本人30万人とも50万人とも言われる人達を

ヨーロッパへ奴隷として連れていってたんですね

 

しかも

アジアとかの途中途中の要所の港町で日本人の女性が首に輪っかをはめられて裸で歩かされていたんですね

しかもしかもそれが白人のみならずその現地の権力者にも奴隷として売られていたんですね

 

その時の様子は

『九州御動座記』の次の記述である。

日本人数百人男女を問わず南蛮船が買い取り、手足に鎖を付けて船底に追い入れた。

 

地獄の呵責よりもひどい。そのうえ牛馬を買い取り、生きながら皮を剥ぎ、坊主も弟子も手を使って食し、

親子兄弟も無礼の儀、畜生道の様子が眼前に広がっている。近くの日本人はいずれもその様子を学び、

子を売り親を売り妻女を売るとのことを耳にした。キリスト教を許容すれば、たちまち日本が外道の法になってしまうことを心配する。

 

と言う事で島津討伐後の秀吉が博多でこの奴隷貿易船を見て大激怒しまして

キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、天正少年使節団として、ローマ法王のもとにいったが、その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいることが証明されよう。

 

『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。

ヨーロッパ各地で50万という。肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。

 

鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、

もともとなれど、白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、インドや

アフリカまで売っている』と。

 

と言う事で

もういきなり1文字目の惡魔の惡からして

曰く付き過ぎて 全く進みませんね!?(笑)

これが真の歴史ですね

 

欧米とか白人とかアーリア人とか日教組とか

グルで隠す日本人を弱体化する計画なんですね

初っ端から嫌な字にあたりました

と言うか、まあ

 

仕方ないですね

やっと次の次行きましょう!

 

 

次はこの

壱の字について

 

なぜ 豆が カタカナのヒになっているのでしょうか!?

まあ、本当は特にこれといって閃きもないのですけど

ただ、一番とか123の1なので

カタカナもイで良かったのではと思ってしまします

 

こう言うところにヒって言うのは

ヒは非らずの非が豆では非らずって言うなんかね

なんか否定的な想像を

感じの中に刷り込ませた様に感じてしまいますね

 

 

 

 

では次ぃー

 

稲という字

になりますね

稲はなんだこれ!?

のぎへんは良いとして

右側の上にあるのは「穂先が茎の先端にたれかかる穀物」の

象形という事なのですが

 

確かにそんな感じで

自然とか植物の近さが体感できて

そのおかげで私たちがある

 

と、そういったことまで感じさせてくれますね

 

 

そして

臼の字が旧の字になった理由は

 

小麦を売りつけたかったから

稲から取れるものは旧いとでも

言いたげですよね

 

今の遺伝子組換え小麦でできたパンなんかに

マーガリンとかいう毒をべっとり塗ったものを食べさせたいと言う

惡魔じみた意図しか見えてきませんね

 

やはり旧漢字の持つ魅力の方が上である と

そう感じます

 

 

ではつギィー

 

羽という字

 

ですね

これは確かに僕も昔っから違和感のある字でした

 

今の羽という字は羽ぽくなくて

どこか飛行機とか機会のエンジン的な

あの「ボハァーーーーっ」っていった感じの要素を持たせていて

 

全然 自然的では無い

動物的では無いですよね

 

こんな簡単な字まで変更する必要性の無さ

簡略化にも繋がらず

 

ただただ

日本人の高い精神性を破壊すべく

こんなイメージを結びつけている

 

本当に頭の悪い方のバカが考案したのが解りますね

旧漢字の自然な羽の流れをイメージした

線のあり方が

やはり日本人には合うと思います

 

 

はい次ぃー!

営の字と栄の字ですね

この新字の方のツカンムリですか

調べたらフザケタ事に特に意味はないとか書いてまして

至極驚きました(笑)

 

まさに無駄な漢字

どんな感じなのか イメージが伝わらない訳ですよね

 

対して

旧漢字の方には

火を煌々と焚いて 門前に掲げている様子がイメージできるので

 

そこは

営業しているなー!とか お!栄えているなー! といったイメージが

至極簡単にできますよね

 

書くの面倒だけど

中にある意味を伝えるのが

一番勉強になるので

戻した方が良いですよね!?

 

という事で

はい次ぃー!

 

鋭いという字と有益の益の字そして悦楽の悦の字

ですね

これ何が変えられたか!?

どういう意味に変えたいか?!

お判りになりますか!?

そうなんですね!?

 

八の字について

ひっくり返されている事に意味があるんですね

 

この

八の字は本来、

末広がりで

エネルギーの広がりや可能性

自然的な光の発光されたイメージや

自然界そのものとの繋がり だったりが内包されて

希望を感じさせるポジティブなものです

 

これをひっくり返すというのは実に新字の意味に

そのポジティブにイメージできるものを全て

ネガティブにしているという意味なのが

まる解りになりますし、

 

そして自然との繋がりを排除し

物質主義的に変えるのを

本当に漢字を使って イメージさせたい感じを刷り込んでいますね

 

 

 

では

次ぃーっ!

 

 

謁見と検閲の えつの字

 

ですね

両方今までに出た通り

人や自然を消して 非自然的で物質主義的になってますね

 

良く良く見ていると

字が出す力が全然違うのを感じます

 

 

謁見のえつの字は

中に人があるので

どうしても無機質な感じは消えて

日常的な感じ

 

それなりの役職にある人に会うのも 近い

そんな感じが伝わりますよね

 

みんな平等だからこその旧漢字だったんですね

 

 

で検閲の閲の字も

先ほどと同じ

八の字がひっくり返されていて

 

ことごとく物質主義で自然との繋がりを消し去りたいのが伝わります

 

 

ここでなんで僕が自然主義的である事を勧めて

物質主義的であるのが間違っているかの様に話すのか!?というと

 

物質主義って結局

エネルギー主義でありお金主義であり

 

宗教や科学、政治にしても

間違った信仰をそのまま続ける愚かな体制追随主義で

 

目に見えるものしか認めないって言う感じで

真実の観点から見て

まず真実を否定したところから始まる

 

まず真実を認めない様にする姿勢を根本的に持つ

と言う事なんですよね

 

だから人間全体での知的レベルや道徳心がレベルを上げてこない

退化する一方なんですよね。

 

 

と言う事で

ハイッ!

次ぃーっ!!

 

 

 

ですね

まずお金の円は

丸いとか 欠けたところがないという意味で完璧なものである

という意味が1義と2義にあります

 

このお金は完璧なものであるというイメージが

エリートの一義目の刷り込みたいものになり

 

アーリア人たちを使って世界を奴隷化していたエリート達は

世界において唯一端っこでなぜか強かった国

 

日本に戦争で何度も負けました

イギリスもオランダもドイツもロシアも中国も負けました

 

日本という極東の小さな国は

毎回勝てるかどうかも解らない戦争に

白人の有色人種隷属主義に対抗して有色人種解放の聖戦を行って

その度苦戦をしながらもなんとか勝ち続けました

 

そのおかげで世界には

奴隷から解放された国々が解き放たれ

近代かした文明を持ち始め

軍事力も普通に身につけ始めたので

 

エリート達はお金を使って

目に見えない

経済的な侵略をし始めました

 

今の世界は

99パーセントの富を1パーセントの人が持ち

1パーセントの富を99パーセントの大衆が

鬩ぎあっている構図になります

 

という事で

 

円=お金 お金=完璧で

お金=人が追いかけるべきもの

 

そう刷り込むために

円という字が使われています

 

他にも意味としては

優良、良いものであるとか正しい事 正解 と言う意味が込められています

 

対して旧漢字の圓という字は

口の中に員という字があって

員という字は口と貝という字があります

 

口の中に口と貝があるのだから

それは貝でも食べている様子が浮かびますし

満たされている様子がイメージできます

 

これは丸いという意味や角がないとか欠けたところが無い、満ちていると言う意味がある様で

本来あるべき幸せが詰まった 圓の字は此方が相応しいと思うのは僕だけでしょうか!?

 

そしたらもう一つの

縁ですね

あいえんきえん

意味

人と人の縁は奇妙な巡り合わせということ。

特に男女の関係についていう言葉。

縁になりますが

訓読みで

えにし、ふち、へり、よ(る)

1. 衣服のふち飾り。物のへり
2. ちなむ。従う。頼る
3. つながり。関係
4. 因によって果を生ずる作用。めぐり合わせ
5. 家の縁側

旧漢字だと

右上がカタカナのヨではなくて

けいがしら 彑と読むそうなのですが

 

これの方が

このお互い様の

互いの上の一が無いと言うので

 

天からの一が加わる

天からの采配次第で

縁が組まれると言ったニュアンスが残るので

 

そう言った自然との繋がりや神との繋がりを示唆した言葉は

圧倒的に駆逐されていますね

 

 

どうしても自然とか神とかの存在に目を向けさせたく無いのが感じられて仕方がないですよね

で、またこの互いという字の上の一の部分がない状態だと

カタカナのタにも似ているので

 

他人とか多いという字、多いはタを二つ書いて多いですから

そう言った意味でたくさんの他人と縁が繋がります様にと

まるでこの漢字に祈りと念が込められ

 

それが働いていたのが昔の日本という国 地域だった

その地域の人はそれを自然と 理解し 概念を組み込んでいた

そう言った事まで浮かび上がるので

 

やはり

昔の人の方が精神性が高かったのも

頷けるのではないかな!?と思いますし

 

今更ながらそんな良き日本に戻すべく

最低限、字だけでも取り戻したいところになりますね

 

漢字学者は漢字検定や由来ばっかり説明してないで

旧漢字に戻す仕事をして欲しいと思いますね

 

もしくは もっとセンシティブで感受性が強くて

より良いイメージを組み込んで

 

新しい漢字を作っても良いのでは?!と思います

 

漢字自体に対して これはこの漢字 で

GHQの刷り込みたいもので終わらすのでは無くて

 

ある程度の本当の有識者会議

心の偏差値の高い人間を集めての有識者会議でもして

 

煮詰めていって

良いものに変更して欲しいと思いますね

言語や言葉、文字、特にそれがギュウウっと煮詰まったイメージを凝縮した文字である

 

漢字には意識エネルギーが宿っていて

人の霊性=意識レベルを左右するのだから

 

バカなもの刷り込んでないで

さっさと知的に開花する様に導かなければ

本当に烏合の衆に成り果てますよって事ですね。

 

すみません

だんだんそう言ったところにイライラが募り始めますね(笑)

 

まあイライラするという事は

僕は本氣でこの事を感情的に捉えていて

本氣で変えた方が良い! と世に発しているという事なんですね

 

天に届けー! えにしの字よぉー!

 

という事で

ハイ次ぃーっ!

塩という字について

いやこれ!?

塩ってこんな字書いたんですね!?(笑)

 

今の新字からは想像のつかないくらいの旧漢字が出てきましたって事は

よっぽど知られたくない

 

隠したい真実がある そういう事ですね

ん~これって

監督の監の字にもちょい似てますね

 

なんか週刊漫画のジャンプの昔っからある

海賊のマークの絵に似てる感じがしますね

なんか隻眼な感じの漢字に見えますが、、

 

複雑ですけど 旧漢字から解いていきましょう!?

 

皿は唯一一緒で

大臣の臣 という字には 君主に使えるものという意味で

人という君主に使えるものとして

 

第一に必要なもの

とでも言いたげな感じや

皿の上で人が作っていて

必ず必要なもの

 

としている様な感じが伝わりますね

 

やはり天然なもの

自然なもの

自然との繋がりにおいて得られるべきもの

と言った感じが伝わって

 

それは且つ人の手によって作られていて

袋に入れて持ち運ぶ必要なものの最上位のもの

そういう意味がとれますね

 

対して新字には

土偏にしてあるところからまず

ちょっとした惡意を感じますね

 

で、人と口と皿

まあ 食には欠かさないものといったイメージは

なんとか繋いでいますけど

 

やはり自然との繋がりや

海との繋がり

袋に入れて必ず持っていた最重要なものと言ったニュアンスを取り除いているところが

ギルティーな感じしますね

 

やっっぱメンドくさいけど旧漢字が良いですね

 

あと、今思ったんですけど

小学生の時漢字っていっぱい書かされて

覚えさせられたんですけど

本当にエリートの刷り込みたいものを

超重点的に刷り込まれている

って事ですよね!?

 

もしもこれが旧感じだったら

もっとイメージしやすくて

先生も教えやすくて

生徒も覚えやすくて

点数も良い点に繋がって

もっと勉強やる氣になったのになぁ~ と思います

 

完璧 やってこなかったのを棚に上げていますけど

 

 

僕も不思議なやつで

ほとんどの教科が

小学中学高校と平均以下ですよ

 

でも良い先生に当たると

その教科の勉強が楽しいので

90点以上も出せたりしてたんですね

 

まあほぼなかったけど・・・笑

 

やっぱり今の日教組って馬鹿な団体じゃないですか!?

嘘の歴史に 役に立たない 話せる様にならない英語

中高6年やって話せないなんてヨーロピアンと話してたらすげー馬鹿にされますからね

 

道徳観を人から奪い 国語には知性を伸ばさないでただ作者の意図ばかり汲めという

人の顔色伺え的なものばかりで

 

数学なんかもやりたい人だけ掛け算割り算以上やれば良くて

化学なんかもやりたい人だけやれば良し

本当日教組馬鹿だからなくなれーって言霊発動しておきます。

 

本当にね、

全然役に立たない事ばかりで

人間が一番成長する大切な時を奪うし

 

むしろ逆に

エリートに都合の良い物質主義的なお金主義的な

本質や真実から正反対の無駄に働くものばかり刷り込まれますからね

学校なんか行かないのが大正解ですね。

 

とまあ、

真面目に勉強してこなかったのを正当化しておきます 笑

 

 

ッチューコトで

ハイ 次ぃーっ!

 

これは

歐の字と殴るの字

ともに左側に注目という事になりますね

 

左側の意味は箱の中にある品物ということなんですけど

ちゃんと品物があるイメージが受け取れますが

 

新字は米軍に日本全土を焼け野原にされて

挙句の果てに 侵略下におかれては

略奪をされていたので もう各家庭の箱の中には

品物はない

 

閉める ダメ メというカタカナが書かれていますね

 

 

現に今でもアメリカで軍人をやっていた先祖のいる家庭なんかからは

ボーンスターズってアメリカ版のお宝鑑定団なんか見てると

日本刀とか日本の昔の貴重品がたまに売られに来ますから

どんだけこう言った事 蛮行の数々を隠しておきたいのか!?が解りますね

 

とまあいつも通り歴史に逸れてしまったところで

 

 

ハイ 次ぃー!

と行きたいところですが

まあここで一旦あ行終了という事ですね

という事で

ハイ次ぃーっ!