環境設定は大事!

 

 

 

 

 

TOP PAGE ↩️

 

 

環境の大切さ について

 

 

  環境は人を作る なんて言葉があるくらいなので

 

  人が何か目標を持ってそこに向かっていく際

  成長するためにだったり 意識を集中するためには

  環境は大きな要素を持っていますよね

 

 

  なので

  一度 環境設定を良いものに設定しておけば

  物事をうまく運びやすくなる エネルギーをスムーズに流しやすくなる

  そういった事に繋がると思います

 

  でまたさらに良い環境とは何か!?ということも見えてきて

 

  そういった環境を設定すると さらに良かったりしますよね

  

 

 

 

・氣  

 

  氣を奪う何かを減らし、良い意識の流れを作る ための環境づくり

 

  この

  氣を奪う という言葉がありますが

 

  先人は氣付きになる良い言葉を残してくれたな~ と思います

 

  氣とは意識というエネルギーを表した言葉で

  そこに意識・エネルギーを奪われている ということになるんですよね

 

  集中するとはどういうことかというと

  意識・エネルギーの焦点を絞って活動していること

 

  だと思いますので

  氣を奪う何か というものは活動に対し エネルギーを削ぐものになりますよね

 

  なのでそういったものは徹底して排除すると

  その目的に対してエネルギーを焦点を当てやすい

  集中しやすい環境を作っていけるかと思います

 

  自分でしたら丁度2000年くらいの時から

  まずテレビを見ることを辞めました。

 

  暗いニュースで波動値下げられるたびに

 

  無関心を強要されている感じがして

  情報のクオリティが自分に与える影響に嫌氣が指すたびに

  なんでこんなことしか流さないんだろう!?

 

  と言う目で見ていくと

  色々と支配層の都合みたいなものが見えてきて氣持ち悪くなりました

 

 

  で

  もともと新聞はちょろちょろ読んでいたのですが

  やはりどうも一方的に世論を操るツールに感じたりして

  新聞も読むのを辞め

 

  その後数年かけて

  雑誌も読まなくなり

 

  あと人の話すテレビからの情報に対しては

  真実なのかどうか!? 必要か不必要か!? を判断しながら聞いたりする様になりました

 

  最近では氣分を下げる 自分にとって不必要なネガティブな情報は出来るだけ遮断しますね

 

 

  だけど

  ネガティブなものでも真実は絶対なので

  受け止める必要があるので そうしますね

  

  情報はエネルギーだし 直接自分のエネルギーにも関わってくるので

  取捨選択する際の自分のフィルターが大切になりますね

  

  そして

  環境の話なので

 

  直接的なもので言えば

  何かに打ち込みたい時は

  その周辺にあるもので目につくものは出来るだけ目に触れない様に

 

  不必要なもので売れそうなものは全て売り

  必要だけれど 毎回日常において目に入る必要のないものには

 

  布でカバーをする などして

  氣を奪われない様に努めました

 

  

  自分の日常は大抵

 

  朝起きて、ごみが氣になる様でしたら

  部屋の掃除から1日が始まります。

 

  目についたら氣を奪われてしまいますし

  足の裏に踏んだりしても氣を奪われますよね

 

  なので

  朝 掃除から入るとその後のエネルギー効率も良く、

  氣持ちも良く 氣分も上がります

 

  ここでちょっと触れておきたいのですが

  この氣分という言葉も意識エネルギーの大切な分野の状態を指し示す言葉なので

  氣分を害さない様に注意を払って生活を送る様にしたいところですね

 

  ちょっとそれて氣分のお話しますけど

  例えば 自分は波乗りが好きで良く出かけるのですが

  道からして 混んでいる道は避けたり 自然が豊かな道を選んだり

 

  まあ、選択肢がそのちょっと氣分を下げる様な道しかない場合は

  今度は出来るだけどこかに 楽しみや面白さを発見しよう努めます

 

 

  で、

  海について 波がものすごく良くて わっ 良い波! 入ろう!

  と氣持ちがせいても

 

  人がものすごい混んでいる状態とかで あそこに行って良い思いで いられるかな!?

  い続けられるかな!?

  ということを想像して 入るかどうか を決めます

  

  また海に入ってても 新しく入って来た人が 

  エゴレベルが高く 波をシェアしない感じだったり

  おれの波 おれの波 って感じの人でしたら

 

  一緒に入ってるだけで

  自分もじゃあ シェアしない とかなっていって

 

  同じ意識のレベルに引き下げられたり 不快になるので 

  そういう人がいないところへ移ったりします

 

 

  この時も良い波じゃなくても

  楽しみや面白さを発見できる様に努めますね

 

  で、どうトライしても楽しめない時、つまらない時は

  執着断つべし! と自戒して

  良い波乗った! 良かった! と満足自己暗示をかけてパッ上がる様にしていますね

 

 

  いくら波乗りしたくても

  良い氣分でい続けられるかどうか!?を

  最近は優先させる様にしてますね

 

  これが自分のエゴっちゃあエゴなんですが

  自分を大切にしたい 大切に扱いたい といった氣持ちの結果

 

  神経質な自分を理解し 上手にフライトできる様に努めますね

  自分を大切に扱えない人が他人を大切に扱うことができようものか?!

  と言うこともありますしね、、

 

 

  なので

  目的に対し集中できる環境

  できれば良い氣分で ことに臨める様にしたい ということですね

 

 

モチベーションを保つために

 

  で次はモチベーションを促す環境設定に入りたいのですが、

  もしもモチベーションが続かないという人でしたら

 

  理想とするライフスタイルの写真を 部屋とかトイレとか飾っておいて 

  こうなるんだ! と毎回見るたびに氣分を上げていったりすると良いのでは!? 

  と思いますね

 

 

  あと

  言葉も力がりますので

  習字で筆を持って 念を込めて 自分に有効な言葉を書いておいて

  目に触れるところに飾っておくと

 

  見る度に

  自分にこうあってほしい!と

  閉じ込めた念が発動して  字の持つ力に運んでもらえたりしますね

 

  数字が具体的で良い人はその様なものを飾っておけば良いですね

 

 

  飾る場所については

  寝る前、起きた時 というのは潜在意識が無防備で

  意識の奥深くに 刷り込みたいものを刷り込みやすい ということがありますので

 

  寝室が一番効果があるのかな~ と思います

 

  次は仕事の前に見るところとか

 

  外に仕事に出る前に目に入るところとか

  家が職場でしたら その部屋のドアとか

  良いんじゃないかな~ と思います

 

  だいたいこんな感じで

  

  外的要因の断捨離や刷り込みの環境設定と

  内的要因の氣分についてお話ししまして

 

  あとは その友人関係だったり仕事関係の環境設定になりますが

 

 

 

仕事関係の環境設定

 

  やはり

  理想とする未来があり

  それがどうしても叶えたいものでしたら

 

  そこから逆算することで

  やるべきことは見えやすいのかな~ と思います

 

  例えば仕事でしたら

 

  将来 プロカメラマンになることが目的の人は

  カメラ屋さんで働いて知識を吸収したり

  プロカメラマンのアシスタントになって全体的にやるべきことを理解して

 

  さらにサービスを進化させるには!?とか考えたりすると良いし

  将来独立にあたっての人間関係の構築を図って動く とか

  やるべきことをすると良い

  ということですよね

 

 

 

・友達的環境設定

 

  友達に関しては

  難しいところになりますが

 

  目標がその友達との関係性を必要としない場合

  接する機会を減らしてく事になる かとは思いますが

 

  人はつながりの中に 人生一番の核である

  魂の進化がありますので

 

  どんな人も無下にはできないし

  どんな人も自分と同じ様に大切な存在で

  どんな人にも先生の様に何かを教えてもらえる一面はありますので

 

  その辺のことを肝に命じ 理解した上で

  目標に向かって進んでいけば良いと思います

 

  まあこんな感じで

  環境が人を作るのだったら

 

  その環境をまずは人が作っておいたら良いんじゃない!?

  どうせ作るなら良いもの作っておきたいよね~ ということで

 

  環境設定のヒントになれば という思いから お話しさせていただきました

 

 

 

 

 

 

TOP PAGE ↩️